小6の夢をおいかけて

小6の時の夢をおいかけているニート。会社を退職し受験勉強開始

猛獣との戦い

人間は誰でも猛獣使いであり、その猛獣に当たるのが、個人の性情だという。己の場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。

山月記

会社を辞めて約2週間、自分の中の猛獣が姿を現してきた。僕の場合は、怠情である。
中島敦みたいに上手くは表現できないが。。

 例えば、朝起きても二度寝、外が雨なら二度寝など。自分の中の虎はこんな具合に怠情である。

荀子性悪説というのを唱えた。自然状態は万人の万人に対する闘争といった人もいた。確かホッブズだっけ??まさにその通り
本来人間は猛獣であり、人間を人間とならしめるために、古くから教育や法が整備されてきた。

そういえば、学校・会社では、人間を人間たらしめるルールがあった。
遅刻すれば、先生、上司に怒られる、給料が減らされる。
休めば、授業についていけなくなる、他の人に迷惑がかかるなど

ニートになってみると、いままでは社会や共同体のルールによって檻の中にいた猛獣が、姿を現してきた。

この生活を続ければ、受験には失敗し、挙げ句の果てには李徴のように、僕も虎と成り果てるであろう。


自分のなかの猛獣とうまくやっていくために僕は以下のことを守ろうと思う。

・習慣をつくる。
・徐々に自制心を強く。

人間は習慣の奴隷であると思っている。できるだけ早起きしよう。
また、自制心は筋肉のようなものであるから、毎日10時間というのではなく、徐々に慣れさせていこうと思う。

奇しくも最近食べ過ぎて自分もいい年であることがわかってきた。
まずは、受験を乗り切る、人生を良いものにするための
習慣作りをのこりの9月でやっていきたい。

自分の中の猛獣と

犠牲の上に成り立つ挑戦

会社を辞めてから2日、同じ部署の仲間たちがお別れ会を開いてくれた。

色紙やプレゼントをもらい、本当に、自分の夢を応援している人がたくさんいると感じた。

とても有り難いことであったが、逆に自分の挑戦からは周りの人の犠牲の上に成り立つものなんじゃないかとも感じた。

 

もちろんマネージャーには事業のスケールダウン。

新卒への教育コストの増大。

時短勤務の人への案件、新卒教育での負担増。

 

自惚れもあるが、ざっと挙げると抜けることで生じることはこんな感じ。

チームの人はわかっていると思う。特にマネージャーは

それでも笑って送り出し、応援してくれるチームのみなさんに感謝。

 

自分の挑戦は、周りの犠牲の上に成り立っていると改めて感じた。

ラビエヌスの杞憂

ラビエヌスとはカエサルの盟友、かつ裏切り者。

詳しくはこちらで

ティトゥス・ラビエヌス - Wikipedia

 

今日、会社を辞めた。

色々な方にお世話になったが、特にマネージャーには大変お世話になった。
仕事のできない時から手取り足取り教えてもらい、今がある。

辞めるまでには一悶着あったものの、最終出社日の今日はいろんな人から
暖かい言葉をかけていただいた。

特にマネージャーとはあまり言葉を交わさなかったものの、
正直、いまでも申し訳ないという気持ちがとても強い。それは
「育ててくれた恩」+「事業の将来」と「医師になるという気持ちより」
の優先順位が自分の中でつけられなくなったからなのかなと思う。


退職日が近づくにつれ、特に事業の将来像に不安を覚え、最近になって前者の方に傾いている自分がいる。

 

一方、マネージャーにとって僕はプロジェクトの初期から共に戦った盟友であり
厳しい時に辞める裏切り者でもある。
※盟友と呼べるほど自分の力があるのかはわからないけども。。。
ただ、マネージャーや会社は僕の気持ちを尊重して送り出してくれた。


とてもありがたい。

 

すごいざっくりいうと、マネージャーは
「育てた恩」+「事業の将来」<「僕の気持ち」
という思いで、送り出してくれたと思う。

もちろん、社内の方々も同様である。

 

その恩に報いるとまではいかないが
応援してくれる人がいる。
自分の道進む中で背中を押してくれる人がいる。

マネージャーをはじめそんな人たちのためにも、絶対合格せねばと思った最終出社日。

8/15 スケジュール通りの1日

8月いっぱいで仕事を辞め、受験勉強に入ります。
備忘録と自分のログ解析を兼ねて日記を書こうと書いていきます。

Do

1A:図形、空間図形
2B:空間ベクトルと数列、漸化式
化学:天然化合物、高分子化学、有機化学
いつもの:Duo1~4、倫政1章

K

朝起きて、朝ごはん食べて、9時くらいから勉強開始できた。

P

・昼帰ってから勉強せず、オリンピク見て寝てしまった。(3時間)
・スタバでmessengaerを見てやる気無くした。
・8時くらいから腹へって集中できなくなった。

T

夕方腹がへってくるので、その対処法。チョコ買うとか。
某勉強関連の本で、問題集の1回目はさっと見るでけで、2回目から本気出す
とあったが、果たして化学などの理系科目は通じるのかテストしてみる必要がある。
有機化学でやってみた。明日以降試してみる。

Plan

1A:図形とかののこり
2B:確率分布とか
物理:電磁気の残り
化学:重問、次ぎの章やる

Linuxコマンドの整理とか

サーバーを触る機会があり、はまってしまった箇所を覚書として残しておきます。

どこではまったか。

・さくさサーバーを契約してwordpressftpでアップしようとした時

なぜはまったか。

・作ったユーザーにrootユーザーとしての権限がなかった。つけていなかった。

どのように解決したか。

・たまたま知り合ったサーバー関係の会社の人に解決してもらった。

続きを読む

社内ニート流 モチベーションの維持

今週一週間、ずっっっっっっと社内ニートでした。まじ何もしていない。ただ、前回の社内ニート時期と比べたら若干はモチベーションを維持できているのではと思う。方法と考えたことについて、ちょっとまとめてみます。

 

まず、モチベーションには以下の式が成り立つと思います。
「モチベーション」=「外発的動機づけ」+「内発的動機づけ」

普段の仕事では、仕事によって評価される=外発的、自分のスキルアップになる=内発的などなどで、この式が成り立つので、モチベーションの維持に関しては特にきにすることはないと考えます。しかしながら、社内ニートになってしまったとき、

「モチベーション」=「内発的動機づけ」

と外発的動機づけがゼロになってしまい、数値の上げやすさとして

外発的動機づけ>>内発的動機づけ

だと思うので、社内ニートになってしまうとモチベーションの維持が非常に難しくなってしまいます。

そこで、社内ニートでもモチベーションを維持するには、この内発的動機づけをいかにあげるか、が最も重要なポイントになります。
そこで今回僕が実践したのは以下の二点です。

  1. 在りたい自分を考える。
  2. そこに至るにはどういう経路を踏めばいいのか、考え、行動する。

結局はこの二点に集約されるんだと思います。僕の場合
なりたい自分=医者(医学部にはいる)なのですぐ思いついたので、頑張って2を考えます。
まず、医者になるには医学部に入らなければならない、医学部に入るためには試験でよい点数を取らなければならない。じゃあ、試験でいい点とるにはどうすんのってことを考えると十分条件ではないですが、(上から順に抽象的)

・日々決まった時間の勉強
・勉強する際の集中力
・inputの速さ
・学んだことをきちんとoutputできる力

くらいかなと、これらを意識して社内ニートをしていました。(あんまり、意識していないかも笑)月曜日からの新しい社内ニート生活はこれらの考えをもっと行動に移していきたいです。

 

ほんとうに仕事がないことは辛いけれど、同期と話をするとすごい気持ちが楽になりました。やっぱり同期って大切だね。

なってしまった 社内ニートだ どうしよう。

一ヶ月ぶりの更新。。永遠の三日坊主

8月前半は充実していたのかブログの更新を怠っていた。まぁ頑張ります。

 

ところで、”なってしまった社内ニートだどうしよう”(俳句風)
本当に社内ニートは辛いです。ほぼ一日中やることがなく、ただぼーっとして過ごしているだけ。飼い殺しってやつですね。まだ新卒なのに、
あと、メンターが全く絡んでくれない。。。もうすぐやめるから淡白なのかな、辞めた後どうしよう、うちの部署潰れるで、、笑

こいう時にちらつく”転職!”
一時間に一回は考えてるね。まじで社内ニートほど辛いものはない。。もし来年部下ができて社内ニートぽかったらそっと手を差し伸べてあげよう。

 

そのために、社内ニートでもモチベーションを維持できる方法、いろいろ考えてみた。

一番の特効薬として

仕事が回ってくる。8月に入ると仕事は回ってきたが、ニート期間が長かったのもありエンジンかかるのが遅かった。まぁモチベーションを高めるのに時間がかかるよね。特効薬でもあるが、そこまで期待できるものではない。

二番目の薬は

自分で自分の目標を設定しチャレンジする。
この前やっていたけど、持続力があまり続かない気がする。まぁ維持しやすいランキングとして

  1. 自分が設定した目標が、真の自分の目標なのかどうか
  2. できないことができるようになった(逆上がりとか)
  3. あんまりやりたくないけど、やらないといけないもの(雑務、課題)
  4. とりあえずやっとけ的な

1と2にはかなりの差があると思うし、設定できているかどうか、その目標を追いかけることのできる環境かどうかが課題となってくる。

なので、社内ニートでもモチベーションを維持しやすいのは

2.の”できないことができるになった。”じゃないかなと、先週で終わった教科書を今日もう一周して、自分ができるかどうかを問うのはなかなかモチベーションになったと思う。
やっぱり成功体験は大切って言われている(ソース不明)ように、自分でプチプチ成功体験を積み上げていければいいのではと。